メディカルドクターズクラークの仕事は、他の仕事とは一味違う

メディカルドクターズクラークと事務系の資格の違い

メディカルドクターズクラークは、医師事務作業補助者ということで、医師の
事務作業をサポートするのがお仕事の資格ですが、同じように病院で事務
の仕事を行う医療事務などの資格とどのように違うのでしょう?

 

 

一言でいえば、メディカルドクターズクラークという仕事は、お医者様の事務
作業のサポートをするわけですが、医療事務というのは、病院など医療機関
の受付や診療報酬請求業務というのが主な仕事となるので、それぞれ全く
違う内容の仕事になります。

 

 

 

 

また、医療系の資格でメディカルドクターズクラークの資格と似たような資格で
医療秘書というものがあります。

 

では、その医療秘書と医師事務作業補助者の仕事内容はどの程度違うもの
なのでしょう。

 

 

医療秘書の仕事というのは、お医者様のスケジュール管理や学会などの資料
作成の手伝いなど、主に身の回りのお世話をするというイメージをしてもらうと
わかりやすいかもしれません。

 

そして、お医者さんと患者様、お医者様と看護師とを結ぶ重要なパイプ役でも
あるのに対して、メディカルドクターズクラークの仕事は、お医者様がこれまで
行ってきた診断書やカルテの入力代行やデータの入力など、ドクターでなければ
作成することが出来なかったものを補助する仕事です。

 

ですから、病院などによっては複数のお医者様を担当するということもありえる
ので、医師事務作業の知識はもちろん、お医者様とのコミュニケーション能力
なども必要となる仕事なんです。

 

 

ドクターをサポートし医療の質の向上に貢献するスペシャリスト!
“メディカルドクターズクラーク”講座
あなたの街のニチイや講座の無料資料請求はコチラ


メディカルドクターズクラークと医療事務の違い関連エントリー

医師事務作業補助者の仕事とは?
医師事務作業補助者がお医者様の代行で行う事務作業とは具体的にはどのようなものでしょうか?
メディカルドクターズクラークの働く場所
メディカルドクターズクラークの資格を得るとどういったところで働くことになるのか?を紹介します。