医療事務作業補助者の仕事の役割

医療事務作業補助者の仕事について

メディカルドクターズクラーク(医療事務作業補助者)の仕事内容は
どのようなものなのでしょう?

 

 

医療の現場では、これまではお医者様が診断や医療行為を行い、
そして診断書を書いたり、お薬の処方箋をつくったり、必要に応じて
検査の予約なども行っていましたが、現在の医師不足や、患者さん
一人当たりの診療時間が短いなどという問題もありました。

 

 

そういった問題を少しでも解消するために、診断書やデータの整理、
これまで医師の手を煩わせていた事務的な処理を別の専門家に
任せようということで誕生したのがメディカルドクターズクラークという
医師事務作業補助者になります。

 

 

 

医療のまさに最前線での仕事となり、まだ有資格者も少ないことから
ニーズも高く、専門的な仕事でもあるので、再就職や転職などでも
オススメの資格といえます。

 

医療事務作業補助者の事務作業内容

では、医療事務作業補助者としてのメディカルドクターズクラークは
どのような事務作業を行うのでしょうか?

 

 

医療現場での事務作業には、

 

 

  ・診断書等の文書の作成

 

  ・医療の質を向上させる作業

 

  ・カルテなどのデータ入力

 

  ・行政などへの報告

 

 

といったものがあります。

 

 

まさに、医師の代わりとなって行う仕事ですし、人の命にも関わる
仕事ですから、責任感や集中力が必要となる仕事といえます。

 

 

 

 

ドクターをサポートし医療の質の向上に貢献するスペシャリスト!
“メディカルドクターズクラーク”講座
あなたの街のニチイや講座の無料資料請求はコチラ


メディカルドクターズクラークの仕事エントリー一覧

医師事務作業補助者の仕事とは?
メディカルドクターズクラークは、医師の代わりに文書を作成するという仕事があります。具体的には、以下の内容になります。 診断書の文書作成内容  診断書の作成  処方箋の作成   検査の予約  手術の予約    診察の予約   紹介状の作成  etc 医療の質を高める作業内容  診療に関するデータの管理   カンファレンスの準備  病院内の様々な状況管理 カルテなどの入力  電子カルテへのデータ入力   検査や処方の入力  伝票の起票            検査結果の出力 行政などへの報告  感染症...
メディカルドクターズクラークと医療事務の違い
メディカルドクターズクラークは、医師事務作業補助者ということで、医師の事務作業をサポートするのがお仕事の資格ですが、同じように病院で事務の仕事を行う医療事務などの資格とどのように違うのでしょう?一言でいえば、メディカルドクターズクラークという仕事は、お医者様の事務作業のサポートをするわけですが、医療事務というのは、病院など医療機関の受付や診療報酬請求業務というのが主な仕事となるので、それぞれ全く違う内容の仕事になります。また、医療系の資格でメディカルドクターズクラークの資格と似たような資格で医療...
メディカルドクターズクラークの働く場所
メディカルドクターズクラークの資格を取得すると、どういった形で仕事を行うことになるのでしょう?ドクターズクラークは、医師の事務作業を補助する仕事ですから、当然お医者様の近くにいて、事務作業をアシストすることになります。イメージ的には、お医者様の側にいて、代わりに事務作業を取り行うという仕事振りを想像されるかもしれませんが、多くは診療の現場というよりは、デスクワーク的なイメージをされた方がわかり易いかもしれませんね。実際、メディカルドクターズクラークの資格を取得した方で、医療の現場で活躍されている...