メディカルドクターズクラーク

メディカルドクターズクラークとは

メディカルドクターズクラークとは、どんな資格なのでしょうか?
日本語で言うと、

 

   “ 医師事務作業補助者 ”

 

 

という呼び名になります。
ちなみにこのサイトで紹介しているメディカルドクターズクラークという名称は
資格名ではなく、資格取得に向けた講座の名称になっていて、
ニチイ学館での呼称となります。
詳しくはコチラ⇒

 

 

なんだか、医師事務作業補助者なんて呼び名になるとすごく難しそうな印象になりますよね。

 

 

ドクターズクラークの仕事は、お医者様の事務作業の負担をできるだけ軽くしようということで、医師事務の補助をする人たちを病院に配置することを厚生労働省が決定しました。

 

医師事務作業補助者がいることで、ドクターは、医療行為に専念することができるというメリットが生まれます。

 

 

医師事務作業補助者としてこの資格を取得して医療の現場で働く人は、お医者様がこれまで行ってきた仕事のうち、診断書などの文書の作成や処方箋の作成、検査予約などをお医者様の指示を受けながら行います。

 

 

メディカルドクターズクラークの資格やお仕事は、今後、激烈を極める医療の現場において、医療現場のクオリティを上げるのに貢献する
将来性のある資格となります。

メディカルドクターズクラーク 試験

資格を取得するためには、試験を受けなければならないのですが、介護・医療の講座でお馴染みのニチイに専門の講座があって、その講座を受講終了後に「医療事務技能審査試験」と「医師事務作業補助技能認定試験」の2つの受験資格を得ることができます。

 

試験は、学科 筆記(択一式)と実技 筆記 医療文書作成があって、合格基準は学科および実技試験、それぞれの得点率が70%以上ということになります。

 

難易度としては、けっこう高く感じるかもしれませんが、試験自体は年に6回おこなれるので、チャンスは多いということもいえます。

 

ただ、試験には受験料が8,300円(税込)ほどかかるので、出来れば1発合格!といきたいですね。

メディカルドクターズクラーク講座と資格試験エントリー

ドクターをサポートし医療の質の向上に貢献するスペシャリスト!
“メディカルドクターズクラーク”講座
あなたの街のニチイや講座の無料資料請求はコチラ



マジカルスムージー